ATOMレコーディングで得られたこと

3/9.10と二日間に及ぶATOM SAXOPHONE QUARTETの初レコーディングが無事に終了。

小休憩を除いてほぼ10時間ぶっ通しで吹き続け、終了後に生まれたての子鹿のように目肩腰足口がガクガクになったメンバーが最後の力を振り絞って記念撮影。

IMG_6299

メンバー個々ではレコーディング慣れしてるとはいえカルテット編成でレコーディングするのはバリトンの東くんを除いて初。しかも限られた時間の中でOKテイクを予定曲数録るのはかなり骨の折れる作業でした。

吹いて聴いて問題点を洗い出してリトライする繰り返しの中で自分たちに合った録り方を見つけて行き、二日目の後半はとてもスムーズにレコーディングを進めていくことができました。一連の流れの中でATOMの演奏上の問題点や長所、はたまた個人個人のミュージシャン的資質みたいなところまで見えてくるとても収穫の多い二日間でした。

今回レコーディングエンジニアをお願いした須藤ヒサシくん。

IMG_6303

理想の音を目指して尽力してくれました。

良いアルバムになりますように!

IMG_6298

そして今日は須藤選手と二人でミックスに突入。
全力でサウンド構築に挑んでくれています。
心強い!

IMG_6302

でも、、、「眠い」