コトリンゴさんツアーでした

コトリンゴさんのライブツアー『10周年記念にまだまにあいますか?&「雨の箱庭」発売記念ツアー』が15日広島・16日神戸ときて18日の愛知県半田公演で終了。

2016年末の「この世界の片隅に」の劇伴レコーディングで初めてお仕事させていただいてからライブ・レコーディング・フェスと事ある毎に呼んでいただきましたがツアー参加は今回が初。ボーカリストとしてもサウンドクリエイターとしても大尊敬する彼女のツアーに参加できるのはこの上ない喜びです。

『コトリンゴさんの音楽世界をいかに表現するか!?のみにフォーカスする5日間の旅』ってだけで楽しいに決まってるのに、今回のバンドメンバーは素晴らしいミュージシャンで公私ともに仲良しの方々。Tp田中充さん・Bs須藤ヒサシさん・Dr鈴木カオルさん。もう言葉にならない程充実した五日間・三公演でした。

今回の楽器構成はソプラノサックス・アルトサックス・テナーサックス・フルート・コーラス・キーボード・パーカッション。

スウィング〜コンテンポラリージャズ、ポップス、ファンク、印象派を中心としたクラシック音楽などなど非常に多くの音楽的要素が絡み合ったコトリンゴさんの音世界は感情豊かで美しく、演奏は多彩な音楽表現が求められました。

ジャズポピュラーのスペシャリストであるトランペッター田中充さんと、クラシックをガッツリ通ってきた自分の二管編成で表現追求できたことも素晴らしい経験でした。

ツアー終わりで喪失感に見舞われていますが、またの機会に備えて日々鍛え抜きたいと思います。
またいつかこのチームでライブができることを夢見て。

コトリンゴ オフィシャルページ

Cow and Mouse