川久保さんライブ・ミュージカルリハ・バリトンレクチャー動画第二弾

昨日、シンガーソングライター川久保秀一さんの江ノ島虎丸座ライブでした。会場はパンパン!ゲストも実に豪華で黒沢秀樹さんと井手麻理子さんのお二人。バンドメンバーの皆様もいつも以上に素敵でした。

トランペットの大先輩、佐久間勲さんとの2管は予想はしていたけど想定を超える発見と学びがありました。基本的にトランペットがリードライン、サックスがサイド。一般的にサックスはトランペットに寄り添うイメージですが、実はサイドはリードに合わせるんじゃなくてリードと同じ速度で突っ走ることが基本的なアンサンブルの手法。(特にホーンセクションの場合)音色のスピード感を合わせていく感覚はNAエンジンをレッドゾーンまでブン回すようでそれはそれは快感でした。

そして今回はテナー・フルートの他アルトリコーダーを投入。

アルトリコーダーってソプラノリコーダーの「ソ」が「ド」になるのでいわゆるF管みたいなこと。演奏する曲のキーは「E」なので♯4つ。しかもライブ当日の午前中にアマゾンから届いたので会場入りしてすぐに運指をウェブで調べました。暇な時間を見つけて500回ぐらい反復練習してなんとか無事に乗り切ることに成功。何事も反復が成功の元です。

三連休最終日の江ノ島は行楽客でごった返してました。
みんな浮かれててうらやましかった。

次回の開催が待ち遠しい。


そして話は変わって先週からミュージカルの稽古がスタート。アルトサックス・テナーサックス・フルート・アルトフルートの4本を担当。有名曲ばかりのソウルフルなナンバーを演奏してます。今回はトラですが8月末まで頑張ります。


そしてサックスワールド「古畑奈和(SKE48)の輝け!サクソフォン次世代エースへの道 第5回 バリトン・サックスに挑戦!Lesson②」の動画が公開されました。是非ご覧ください!